野球場

BASEBALL GROUND


ゲームシチュエーションで必要とされる機能を
ゲームシチュエーションで必要とされる機能を

ゲームシチュエーションによって、グラウンドの上で必要とされる機能はそれぞれ異なります。内野部では不規則なバウンドを回避し、平滑さを保つための装材を使用。外野部では、砂ぼこりなどを避けるために芝生などが用いられます。さまざまな装材の中から、用途・要望にあった提案を行います。

混合土舗装

球場の内野部やベースの周辺に多く採用されるのが、混合土舗装です。理想的な滑り具合と、快適なクッション性を実現してくれる装材となっております。水はけが良く、乾きが早いのも特徴のひとつです。一種類の土だけを単体で使用し続けると、日々踏み固められたグラウンドは、次第に水はけが悪くなり、ぬかるみや排水障害を起こすようになります。それを回避するために、大きさや粗さの異なる砂を混合した土を使って舗装することで、グラウンドトラブルの原因を未然に防ぎます。

天然芝

適度なクッション性が、身体への負担を軽減し、怪我などのトラブルからも守ってくれるため、思い切ったプレーが安全にできるという特徴があります。砂ぼこりを避けるために敷かれるため、外野部で多く採用されています。天然芝を使用する上で、避けて通れないのが維持と管理です。 美しい芝を保つために、用途や目的に応じた手入れを行っていただきます。

人工芝

屋根付き球場の増加にともない、太陽の光がなくても育てられるようにと開発されたのが人工芝です。屋内球場での使用はもちろん、屋外球場においても自然環境に影響されることなく使用できるのがこの装材の特徴。また、耐久性があるので、球場の内野部・外野部・セーフティーなどに特に多く選定されています。維持や管理のしやすさは抜群です。

ページの先頭へ